緒方篤

  

   米国ハーバード大学卒。MITマサチューセッツ工科大学院卒。富士通()在籍後、フリーの映像作家、脚本家、監督、コメディアンとして、欧州、米国、日本で活動。世界中、どこに行っても、何をしても、店員、運転手、配達員などに人違いされる「国際版の寅さん」

 

 映像作品や共同のインスタレーション作品(C.M. JudgeAnna Davisとのコラボ)は、世界中の映像祭、画廊、美術館などで、上映・受賞。これまでに、ニューヨーク近代美術館MoMA、レイナ・ソフィア国立美術館(スペイン)、ヴェネチア・ビエナーレXenografiaなどでも展示上映。ドイツ、オランダで脚本の助成を受け、オランダ公共テレビにも毎週コメディアンとして出演。

 

 「不老長寿」は、新人監督の登竜門として名高い「New Directors/ New Films」(MoMAとリンカーン・センター共催の映画祭)に入選。バンコク、ボストン、ロサンゼルスなどでも受賞。

 

 長編デビュー作「脇役物語」は、第13回上海国際映画祭Asian New Talentコンペ部門で、プレミア上映。全国16都市とサンフランシスコで劇場公開、衛星劇場、チャンネルネコ、日本TV関東ローカル、東海テレビで放送、国内DVDのほか、北米でもアマゾンDVDitunesで配給・配信。ロシア、中国、オーストラリアの機内サービスでも上映され、竹書房より小説版も出版。

 

 2014年製作のオンライン作品外国ハロウィンで銃口を突きつけられる俺」は、MEGWIN TVとの共同製作の風刺コメディー。初日に22,000以上の視聴者を獲得し、YouTube Japanの公式チャネルにも選ばれた。イタリア・ローマのRome Web Awards 2015では、最優秀クリエイティブ・アイディアとコメディ部門最優秀撮影賞を受賞。

 

 緒方は、YouTube Space Tokyoで、脚本や演出・演技のワークショップも教え、韓国ソウルでの北アジア初のK Web Festには、ゲスト・スピーカーとして招待されている。